ふぃりなび ブログ記事

 

 

Blog Mid Night Jeepney

いろいろな事を管理人の主観で記事として書いています。

個人的な主観ですので、読者の方の意見と相違は当然あると思いますが、参考程度に受け流してお読み下さい。

 

記事に関するコメント等は受付致して居りませんのでご了承ください。

2013年

2月

09日

中国暦の大晦日

チャイニーズ・フィリピノ達は大騒ぎ

きょう土曜日(2月9日)は中国歴の大晦日。

 

中国での最大の祝祭は、なんといっても春節です。

遠くに働きにでている人もみな故郷に帰って一家団欒のうちにお祝いするのが春節であります。

 フィリピンも多くの中華系フィリピン人が居ますので、この春節を祝います。

 

2013年の春節は

春 節(7連休):2月9日~15日の7日間

 

その昔の経緯は、ビノンドの中華街辺りで、華僑によりひっそり祝われていた旧正月(春節)ですが、香港が中国へ返還された頃より、フィリピンでも旧正月は大々的に祝うようになった・・・とされています。

0 コメント

2013年

2月

09日

フィリピンをキーワードに。

フィリピンに関わる全ての方に

もうかれこれ、何十年もフィリピンという国や人に関わってきましたが、いよいよ最終章に入ってきた今日この頃です。人生の中でフィリピンパブにはじめて行ってから価値観が変わり、ある女性に熱を上げ散々通った挙句に自分が騙されていると言う事に同じフィリピン人の女の子から教えられ挫折と絶望感に包まれた事を思い出します。

 

その時に優しく私を受け入れてくれた人もフィリピン人・・・。

それが今の家内です。

 

フィリピン、いや、外国自体一度も出かけた事がない自分でしたが、その彼女に会いたい一心で何も分からずにフィリピンに行った事も・・・。

 

あれからもう数え切れないほどフィリピンと日本を往復しました。

楽しいことや悲しいこと色々と体験させてくれた国、フィリピン。

 

まさか自分がその国に旅立って一生を送ろうと決心するとは思いもよりませんでした。

今後フィリピンで旅行者ではなく在住者として表や裏すべてを見ていくことになると思います。

 

実際に経験した中でこれからフィリピンに来られる方や、永住希望の方々などにアドバイスや旅行や在住時のお手伝いができればと思っています。

 

人生半ばを過ぎて、第二の人生を送る地にフィリピンを選びました。

もう後には引けず、退路を絶って異国の地に・・・。

 

マニラの夕日を眺めていると頭の中に色々なことが浮かんでは消えていきます。

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

2月

09日

FBページの表示がおかしくて・・・・。

みなさんのFB最近おかしくないですか?

ブログ自体更新が久々ですが、今メインで活動中のFBページなのですが、

いきなり表示がおかしくなり肝心なページデーターがどこかに消えてしまったのです。

 

FBページを始めた頃のデーターがすっかり抜け落ちてしまったのです。

当方は何も削除作業した覚えがないのにですよ!

まあ、無駄な時間を作りたくないので急遽新たにページ作成しました。

 

今後ページが元にもどるまで、こちらで情報配信していますので宜しくです。

その名も「ふぃりなび 2」です。

 

みなさん是非遊びに来たら「いいね!」をお忘れなく。

0 コメント

2012年

8月

21日

日本国のニュースとフィリピン国内のニュース

成田発マニラ行き JAL741便 日航機トラブル

8月21日午前10時すぎ、成田発マニラ行きの日本航空741便から「コックピット内で煙が発生した」と連絡があり、成田空港に引き返すトラブルがありました。煙はすぐに消えたということで、乗客乗員あわせて240人にけが人はいませんでした。日本航空が、煙が発生した原因を調べています。

 

TBSニュースより http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5111963.html

フィリピン、ロブレド内務・自治相無言の帰宅

フィリピン中部にあるマスバテ島沖で18日、ロブレド内務・自治相らを乗せた小型機が墜落した事故で、

発見されていなかったロブレド氏が沈んだ機体内部より発見されましたが、  残念な結果になりました・・・

 

 

ご冥福をお祈りします。合掌

 

 

この日フィリピン国内では反旗を掲げ、哀悼の意をささげています。

全ての国民も深い悲しみを持って祈りを捧げています。

2012年

8月

21日

速報!ロブレド内務・自治相 発見される。

 

たった今飛び込んできたニュースです、現地報道によりますと、

 

フィリピン中部にあるマスバテ島沖で18日、ロブレド内務・自治相らを乗せた小型機が墜落した事故で発見されていなかったロブレド氏が沈んだ機体内部より発見されました、

 

 

 

 

このニュースは現地フィリピンで今速報で報道されています。

 

残念な結果ですが・・・・ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

詳しくはABS-CBN NEWSのサイトをご覧ください(英文)

2012年

8月

21日

在比日本大使館からのお知らせ

邦人旅行者はご注意を

*本お知らせにつきましては,ご本人はもとより,家族内,組織内で共有されると共に、お知り合いの方にもお伝えいただけますよう御協力をよろしくお願いいたします。


1 16日午後3過ぎ,メトロマニラ パサイ市(エドサ通り,タフト通りの交差点)にあるショッピングモール「メトロ・ポイント(Metro Point)」で,同モール内にある質屋に強盗が押し入り,陳列棚を壊し,中に入っていた宝石類を奪って逃走する事件が発生しました。強盗は逃走の際に威嚇のため拳銃を発射したところ,買い物客はパニックとなり,1名が転倒して負傷したとのことです。

2 フィリピンにおける犯罪では,犯人が銃や手榴弾といった殺傷能力の高い武器を使用するケースが多い一方,今回の事件のように,ショーケースや陳列棚をハンマー等で壊して宝石類等を強奪するMartilyo Gang(ハンマー強盗団)と呼ばれる強盗団も武器を携行している場合があります。

3 つきましては,在留邦人の皆様におかれては,特に不特定多数の人が集まるショッピングモール等に赴く際には,直接のターゲットにはならなくても,今回の事件のように,偶々その場(乃至付近)に居合わせたりする場合もあり得ますので,常にご家族を含めてくれぐれも身の回りに注意するとともに,万が一,そうした事態に遭遇した場合には,パニックにならず冷静に対応するようお願いいたします。

人が集まる場所なら大丈夫と考えがちになりますが、特に今回起きた洪水などで被害を受け家や財産を失った人などが犯罪を犯してしまう傾向があります。また9月からはフィリピンのクリスマスシーズンになりますのでこの様な犯罪が増える傾向になりますので、特段に注意を怠らない様にしてください。

上は在比日本大使館

 

右はパサイMetro Point Shopping Mall


2012年

8月

20日

フィリピン内務・自治相を乗せ小型機墜落

フィリピン中部にあるマスバテ島沖で18日、ロブレド内務・自治相らを乗せた小型機が墜落、同氏ら3人が行方不明となり、現在アキノ大統領も事故発生直後から現地入りし捜索の陣頭指揮を行っている。

 

墜現場からロブレド氏の側近1人が漁船により無事救出されていた。

 

内務・自治省は「ツイッター」で、墜落機のパイロットがマスバテ空港に救難信号を送り、緊急着陸を要請していたと伝えたほか、ロブレド氏が飛行機から脱出できなかったとしていた。

 

ロブレド氏は政治集会に参加するため、地元ナガへ向かっていた途中での出来事であった。

 

そして、本日は外国人のボランティアダイバーとフィリピン海軍等のローカル捜索隊合同により更なる捜索活動が行われた。

 

結果として機体の残骸の一部などを回収した模様。

 

しかしロブレド氏やその他の乗員はまだ発見されていない模様・・・。

 

 

ニュースソースと写真は ABN-CBNニュース



2012年

8月

20日

facebookと記事を連動しました。

此処での記事はかなりのご無沙汰となりますね。

長らくフェイスブックの方で、フィリピンに関する最新情報を更新・配信していましたので、こちらでの更新が途絶えてしまいました。

 

段々最近フェイスブックの使い方も慣れて、いろいろな機能を使えるようになったので今回このサイトのブログ記事と、フェイスブックページを連動させることにしました。

 

こちらで記事更新しても、フェイスブックにしっかりと掲載されるので行ったり来たりしなくて済みます。

もっと早くこうすれば良かったな~と思うのですが、何せ覚えるのに最近は時間が掛かるようになって?

年のせいもあるかと思いますね・・・笑。

 

 

 

 

 

連携出来たので、こちらからの記事更新もこれから頻度が増えていくと思います。

それでも、ディープなフィリピンの情報はフェイスブック版の方が多いかも知れません。

 

是非こちらと、FB版ふぃりなび を両方ご覧くださいね。

 

最近いろいろな事が起きているフィリピン・・・洪水被害やr墜落事故、有名な歌手が癌ぶ・・・などなど。

 

出来るだけ多く、フィリピンの今をお伝えしています。

 

これからも「ふぃりなび」を宜しくお願いしま。

 

 

 

 

台風被害でフィリピン・メトロマニラの60パーセントが浸水

secretary JESSE ROBREDOが乗った小型機が墜落

捜索活動の行方を見守るアキノ大統領


 

これら多くの情報をフェイスブック版ではリアルタイムにお伝えしています。

 

 

2012年

7月

18日

最新情報やリアルタイムな情報はFBへ

こちらのサイトの更新速度は低下中・・・。

 

その理由はフェイスブック版を現在展開中で、リアルタイムに記事更新しているからです。

 

今までメインで記事更新をしていましたが、フェイスブックの利用頻度が高くなってきているからです。

と言ってもこちらを止める訳ではないでのご安心を・・・。

 

厳選して記事を掲載して行こうと思うので、方針転換とでも言ったところでしょうか・・・。

 

まだ、フェイスブック版をご存じない方は是非フェイスブック版 ふぃりなび にお立ち寄り下さいね。

画像クリックでフェイスブック版 ふぃりなび に飛びますので「いいね!」を是非押してご参加ください。

 

 

 

 

 

2012年

6月

26日

フィリピン携帯電話事情、こんなメーカ知っていますか?

見栄を張らずに値段で決めるならこのメーカーでは?

フィリピンで携帯電話は必需品ですよね、人気なのはソニーエリクソンやノキアが有名処ですが、

注目したいのがフィリピンの地場メーカー「Cherry Mobile」

 

機種も価格帯も豊富で、フィリピンの人たちの身の丈にあっていると思います。

また、我々旅行者も現地で気軽に携帯を買える値段帯ともいえます。

 

さて、このチェリーモバイルとはどんなメーカーなのでしょうか。

 

2008年にフィリピンで地場携帯電話メーカーとして「Cherry Mobile」が設立されました。

製造に関しては一部は中国で行っており、2010年にフィリピンの「IT Company of the Year」を受賞している。

現在までに約60機種の端末を開発、製造、販売。

AndroidOSのスマートフォンも多数開発されており、価格も5,000ペソ~14,000ペソ(約10,000円~28,000円)程度である。

 

低価格のフィーチャーフォンは安いものでは800ペソ(約1,600円)程度から販売している。 またこのメーカのの端末はデュアルSIM対応機種が多く、複数枚のSIMを保有する人が多いことから非常に人気があるそうです。

気になるそのデザインや機能も海外メーカーのものとも遜色がないので是非購入の際には検討してみるのも良いかと思います。またチェリーモバイルはフィリピン全土に80店舗以上の直営店がある。

 

またサービスでは、「Cherry Zone」というサービスも提供しており。Cherry Mobileの端末を購入したユーザは購入後2か月間、無料でユニバーサルミュージックなどのアーティストの曲を80曲までダウンロードできる。

 

これは買いかも知れないですね。

 

値段も買いやすい値段で種類も豊富なラインナップのチェリーモバイル

 

 

 

 

チェリーモバイルの詳細はメーカーHPをご覧ください。

http://www.cherrymobile.com.ph/

 

でも・・・中には見栄を張るフィリピンの人たちも居ますので、現地では中国製?という事でなんだかんだ言う人もいます。実際筆者もこのメーカーからリリースされた「マイフォン」という機種を一時期持っていました、なんかバカにされた記憶があります。あくまでも好みの問題ですので、価格重視ならこのチェリーモバイルが無難かと思います。見栄と言うよりもポーンショップ(質屋)に持ち込んだ場合高い値段が付かないから嫌がるのかも知れませんな・・・笑

 

イザ!ブックマーク

SPONCER

フィリピンへ送金ならソフトバンクのGCASH

 

広告を掲載しませんか?

広告掲載スペース

お問い合わせください。

サイトが正しく表示されない場合

プラグイン最新版をご利用ください。 

Please select a language

お気に入りに登録する

フィリピンサイト トップ100-filipin site Top100 

フィリピン系ホームページランキングサイト!!

人気ブログランキングへ

NHK News International

外務省 海外安全ホームページ 

philippine map

お試しセット紹介
WebMoney ぷちカンパ

協力店舗・サイト様

フィリピンへ送金するなら

ソフトバンクのGCASH

免責事項

 当サイトは、各種動画投稿・共有サイトで閲覧できるストリーミング動画のURLを集めたリンク集及び動画を紹介行っているサイトです。

管理人は動画のアップロード、またはそれを推奨援助する行為は一切行っておりません。動画や音声等そのすべての知的商有権は著作者及び関係団体に帰属しています。動画のアップロード及び削除依頼等の質問に関しては各動画共有サイト直接お問い合わせ下さい。当サイトを利用した事でいかなる損害が生じることがあっても管理者には責任が及ばないものとします。

ご利用の際は自己責任でお願いします。